MENU

目の下のたるみの原因と改善策

目の下のたるみ

 

鏡を見た時に、目の少し下の所がたるんで膨らんで見えませんか?ふくらむだけでなく、ふくらみが二重なってシワができていたり、ふくらみとくぼみが近くにあってすごく老けた顔の印象になっていることに気付きませんか!?

 

20代後半ころから徐々に目の下にたるみが出来始め、30代、40代、50代と目の下のたるみはどんどんと進行します。

 

他人に見られてはっきりと相手がたるみを認識するのは40代からですが、スマホやパソコンの普及により現代女性の目元は想像以上にたるんでいます。

たるんでしまったら中々改善することが難しくなりますので、できるだけ早く予防に努めることが肝心です。

 

今回は目の下のたるみの原因と解消法についての知識を知りましょう!

 

 

目の下のたるみの原因と種類

まずはどうして目の下ばかりがたるんでくるのでしょう。

ほうれい線もゴルゴラインも気になるけど、印象を一番左右する目の下のたるみは老け顔をより濃く印象つけるので気にしている人も多いようです。

 

 

目の下のたるみの原因

目の下がたるむ原因は加齢によって目の周りの眼輪筋が弱くなり、顔の内側にある脂肪が前に飛び出してきてしまうのです。眼輪筋が弱くなるのは加齢や紫外線による組織の破壊などの刺激によってがほとんどの原因です。
またむくみによっても目の下のたるみが起こります。

 

 

目の下のたるみの種類

目の下のたるみには2種類あり、加齢によって目の下の脂肪が増えて押し出されてたるみになる場合と、朝方や血行不良で顔がむくんでたるみができる場合があります。

それぞれに対処方法を見ていきましょう。

 

 

加齢による目の下のたるみの解消方法

加齢による目の下のたるみは眼輪筋が弱って、皮膚の内側の脂肪がせり出てしまうものです。

 

普段意識をすることがない眼輪筋ですが、鍛えないとどんどん弱くなりたるみが増々進行してしまいます。

他にも当たり前だけど疎かになりがちになっていることが見つかるでしょう。

 

アンチエイジングは一日にしてならず、継続は力なりです。

 

 

眼輪筋を鍛える

目の下のたるみ

 

眼輪筋とは、上下のまぶたを閉じる為の筋肉で、読んで字の如く、目の周りに輪状に発達した筋肉です。これらを鍛えることにより目の下のたるみは解消されます。

 

顔に紫外線が当たるのを防ぐ

次に眼輪筋や目の周りのコラーゲンなどの組織に大きなダメージを与えているのが紫外線です。実は目の周りにはたくさんのコラーゲンが存在していて目を支えています。

このコラーゲンは紫外線によって破壊されてしまうことがわかっています。
出来るだけ紫外線を浴びない工夫をしましょう。

 

 

強い刺激を避ける

料理を作るときにお肉を軟らかくするために、たたきますが、これはお肉の組織を破壊してやわらかくしています。人間の筋肉も繰り返し強くたたかれることによって組織がダメージを受けて弱っていきますから、目元は特にやさしく触れるようにします。

 

 

コラーゲンサプリを飲む

目の周りのコラーゲンが減少すると目がくぼんできます。

 

コラーゲンサプリメントを飲むことでも肌の内側のコラーゲンがつくられることがわかっています。

コラーゲンサプリに含まれているヒドリキシプロリンが繊維芽細胞を刺激してコラーゲンやエラスチンを増やしてくれます。低分子のコラーゲンを選ぶようにします。

 

 

むくみによる目の下のたるみと美容医療による解消方法とポイント!

顔のむくみによる目の下のたるみは代謝を高めることによって解消することができます。

 

体温を高めて、血流を促して発汗させて老廃物を流し出す方法がいいですから、サウナやホットヨガ、岩盤浴などがおススメです。

 

血流が良くなることでむくみが解消し、顔色も良くなりますので定期的に行い所ですね♪

 

また自宅では半身浴で1時間ほどゆっくりと汗を流すことを習慣化するとより早く効果が感じられるでしょう!

 

加齢による目の下のたるみの美容医療

目の下のたるみ

 

加齢によって大きく目の下がたるんでしまうと、眼輪筋の運動などでは解消することができなくなります。
どうしても解消したい場合は外科的な手術によって目の下のたるみを治療することもできます。
目の下の皮膚を切って、そこから脂肪を切り出す方法がありましたが、最近ではまぶたの裏側から脂肪を取りだす方法が増えてきました。

 

芸能人なども多様している脂肪を取り出しただけでは改善しない場合は脂肪やヒアルロン酸を注入してハリのある目元にする方法もあります。

いずれの場合も専門的な技術が必要になりますから、得意とする美容外科の先生とよく相談してから行います。

 

目の下のたるみは加齢に伴い必ず出てくる!毎日の笑顔が表情筋を鍛える!

目の下のたるみを予防するのに大切なのは年齢を重ねても眼輪筋を弱くしないようにすることです。

 

先に上げた動画で眼輪筋に位置を確認して、日頃から意識して動かすようにします。

つばの広い帽子、日傘、日焼け止めクリームで紫外線を顔に当てないようにします。マッサージなどを強くし過ぎてはいけません。
低分子のコラーゲンサプリを飲むなどのインナー部分のケア、これらのことを意識しておきましょう。
予防を行っていれば、確実に目の下がたるむのを防いだり、遅らせたりすることができます。

口コミNo.1アイクリーム

目元ケアの常識を知る

運営者情報

このページの先頭へ