MENU

目元のクマには種類がある

アテニア,アイエクストラセラム,口コミ,アイクリーム

 

目の下のクマは、多くの女性を昔から悩ませてきました。中にはきちんとケアしているのに中々改善されないと感じている人も多いのが現実...でも、クマにはいくつかの種類があるのはご存知でしょうか!? またその種類によっても対処方法が変わります。

 

それらを知ってしっかり対処していくのが大切と言えるでしょう。

あなたのクマはどの種類!?

目元に現れる「クマ」には大まかに分けて3種類あると言われています。

 

黒クマ

目の周りの薄い皮膚がたるむことにより、下まぶたと頬の間にできる影が黒クマです。見分け方として、鏡をもって真上を向いたとき、クマの色が薄くなれば黒クマだと判断できます。

 

また皮膚を引っ張ると皮膚が伸びてたるみがなくなるために、青クマと同じようにクマの色が薄くなることがあります。肌の色に問題があるわけでなはくて、青クマや茶クマのようにコンシーラーでは隠すことができません。

 

青クマ

目の周りの皮膚は薄く(およそ約2ミリ)たくさんの毛細血管が通っています。そのために血液の流れが悪くなると、薄い皮膚から毛細血管が透けて見えるようになり、青っぽいクマになるのです。これは血行不良が主な原因であるために目の下に刺激を与えると一時的に改善されます。目の下の皮膚を引っ張ってみると、クマの色が薄くなる場合は青クマであるといえます。

 

茶クマ

目の下に色素沈着が起こっている状態が茶クマです。目の周りの皮膚は、身体の様々な部位の中でも非常に薄くなっています。加えて皮脂腺も少なく乾燥しやすいので目をこすったりの低刺激で色素沈着が起こりやすくなります。

 

茶クマは皮膚そのものに色の変化が起こっているので、引っ張っても青クマのように薄くなることはありません。皮膚を引っ張って、鏡をもって上を向いてもクマが薄く見えなければ茶クマだと判断できます。

種類別クマの原因と対処法は?

黒クマの原因と対処法

黒クマの原因

加齢により目元付近を支える筋力が弱くなることで、皮膚がへこみ、そこに影ができてしまうのが原因です。

 

黒クマの対処法

一度皮膚がたるんでしまうと改善しにくいので、年齢を重ねる目の段階からケアをし始めるのが大切です。目元の皮膚の薄さに対処できる化粧品を使い目元にハリを持たせることが大切です。

 

青クマの場合の原因と対処法

青クマの原因

生活習慣の乱れ、栄養不足や疲労、ストレスなどで、最近ではスマホやパソコンなどの見過ぎも原因の一つ。

 

青クマの対処法

目元のマッサージや蒸しタオル、ホットアイマスクなどの血流促進。目元専用の美容液で血液の流れを促進してあげるのも効果的。

 

茶クマの原因と対処法

茶クマの原因

茶クマは色素沈着が原因なので、紫外線によるダメージでメラニンの増加や目をこするなどの刺激で起こります。またアトピーやアレルギーを持っている人は乾燥しやすく刺激を受けやすいので注意が必要です。

 

茶クマの対処法

とにかく目の周りの刺激を抑えることが大切。目の周りのスキンケアは美白効果のあるもので、特にビタミンC誘導体成分が入っているもの使用しましょう。

まとめ

クマは種類によって正しいケアを行う必要があり、中々改善しにくいものであるため適切な対処法を実践していくことが大切です。

口コミNo.1アイクリーム

目元ケアの常識を知る

運営者情報

このページの先頭へ