MENU

アンチエイジング効果抜群のレチノールの効果と副作用

 

目元の敏感で薄い皮膚に効果的で小ジワやたるみなどに作用する必須アイテムのアイクリームですが、その中でも成分として取り上げるとレチノールが配合されたものが注目されるでしょう。

 

このレチノール、ビタミンAの一種で血液中に多く存在していますが、科学的に不安定で酸化しやすいため、「パルミチン酸レチノール」や「酢酸レチノール(=ビタミンA誘導体)」という形でアンチエイジングはもちろん、様々な化粧品に使われています。

 

でも効果の高い成分には必ずつきものなのが副作用です。

 

ここではアンチエイジングに欠かせない成分レチノールの効果と副作用をご紹介していきます。

 

 

ビタミンA(レチノール成分)の効果

ビタミンAは人間の皮膚にとって必要不可欠なものです。主に、目や皮膚の粘膜を健康に保つ働きをし、暗いところでの視力を保つなど、人間の成長には欠かせない成分です。

 

さらに、皮膚のターンオーバーを促進し、傷んだ細胞を修復。線維芽細胞に働きかけて、肌にとって大切なコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を作り出す働きがあるのです。
まさにアンチエイジングのための成分といっても過言ではないですよね。

 

抗しわ対策

しわの原因はおおまかにわけて2つ。乾燥と加齢によるコラーゲン減少による皮膚内部の真皮層の変性によるものです。

 

ちりめんじわや小ジワなどは乾燥を防ぎ徹底した保湿成分を与えることで解消できますが、厄介なのが真皮層にまで到達した深いシワです。

 

しかしレチノールは真皮層内のコラーゲンの促進を促してくれるので、しわに対して高い効果が実証されているのです。

 

 

ターンオーバーの促進

ターンオーバーを促して、角層内の細胞を、表皮の上方へ押し上げます。その結果、メラニン色素を含む細胞を排出して、くすみやシミ、ニキビ跡を目立たなくするサポートをします。

 

また、結果的にお肌の表皮が生まれ変わるので、ピーリング効果も期待できます。

 

だから、ターンオーバーが遅くなっている場合は良い選択肢なのですが、ターンオーバーが早すぎる場合に使うことは避けましょう。

 

敏感肌やインナードライ肌の方は、特に注意が必要です。

 

 

ビタミンA(レチノール成分)の種類

ビタミンAは、不安定で空気に触れると変質してしまいます。

 

そのため、刺激を弱くして肌に吸収しやすいよう安定化させた「パルミチン酸レチノール」や「酢酸レチノール」が化粧品に多く使われています。これらは別名「レチニルエステル」とも呼ばれ、肌の細胞を活性化し、コラーゲンを増やす効果があるので、シミや小ジワ、たるみに効果があります。

 

 

医薬品として使われるビタミンA

実は、レチノイン酸は、「トレチノイン」という医薬品として存在します。

なぜ医薬品かといえば、トレチノインは、非常に強い効果を発揮する反面、副作用もあるので、専門家でないと取り扱いが難しいからです。

 

だから、トレチノインは処方薬(医療用医薬品)となっています。

レチノイン酸の皮膚のターンオーバーを促進させる力は、かなり強力です。ある意味、無理やりターンオーバーさせているのです。
そのため、刺激が強くなって、肌荒れのリスクが高まります。

 

さらには、レチノイン酸は紫外線にも弱いので、使用中は日焼け止めも併用することが必要です。

こうしたことから、トレチノインは、医師の処方によってしか使えないのです。

 

一方、レチノールはといえば、もちろん、レチノイン酸と同じ効果と副作用があります。

 

しかし、レチノールには、その種類や配合濃度によって、医薬品として扱われるケースから、医薬部外品、エイジングケア化粧品成分として扱われるケースまであるのです。

 

ビタミンA欠乏症とは!?

ビタミンAが不足すると、免疫低下、暗いところで目が見えにくくなる夜盲症などを起こします。

 

深刻なビタミンA不足は先進国では少ないですが、開発途上国ではまだ多く、世界的にはビタミンA不足が子供が失明する一番の原因です。

 

 

効果の高いレチノール。副作用や妊婦の方は注意が必要!

レチノールは妊婦NG

 

レチノイン酸はとにかく不安定で、空気に触れると変質してしまいます。このため、日本では市販品としては許可されていませんが、大学病院や美容皮膚科などで取り扱いがあります。皮膚の細胞を活性化するので、シワ、シミ、ニキビ跡、アザなど様々な症状が改善されます。

 

ただし効果が強い分、炎症やヒリヒリ感などがともなう場合があります。これは、アレルギー反応ではなく、ビタミンAに慣れない皮膚の反応です。これらのレチノールは、効果アップするだけではなく、肌の中でレチニルエステルという種類のビタミンAに変化し「守りの作用」も発揮してくれます。

 

同じビタミンAの中でも、レチノイン酸(トレチノイン)は、効果は強いですが、刺激も強く、肌を紫外線から守る働きはないので、使用時には厳重な紫外線対策と保湿が必要です。

 

「肌は季節や体調やライフスタイルなどによって日々変化します。肌の状態に合ったビタミンA選びも大切です。

 

その代表的な利用例が化粧品であり、ビタミンAの化学名であるレチノールとして様々な化粧品に、アンチエイジング効果を与えるために配合されているのです。

 

たとえ肌からの吸収だとしても、妊娠中の女性にとってビタミンAは非常に危険なものとなります。妊娠中の期間は、それまで使用していた化粧品からレチノール配合のものを排除し、厳選したもののみを使用するよう心掛けましょう。

口コミNo.1アイクリーム

目元ケアの常識を知る

運営者情報

このページの先頭へ